猫の命を諦めることなんてできません

猫は腎不全になりやすい動物です。病気が進行するにつれて食欲減退、ガリガリに痩せ細って、大好きなカニカマにさえ興味を示さなくなってしまうのを見るのは、身を切られるような辛さです。

 

点滴や皮下補液のために毎日病院に通うので、治療費も大変です。貯金も底をついてしまいます。

 

わたしもそうでした。でもいくらお金がかかっても猫の命を諦めることなんてできません。愛猫は我が子と同じですからね。

 

自分名義のクレジットカードがあれば、ショッピング枠内で即時現金を手元に用意することができます。
これが一番簡単に治療費を用意する方法です。

 

もちろん合法なので堂々と現金を手にできます。それでは、この方法を解説していきますね。

 

お急ぎの方和光クレジット公式サイト

 

治療費の悩みを今すぐ解決する方法

猫の命を諦めたくないので

今すぐ治療費を用意して

腎臓病と闘いたい!

 

 

という方へ、クレジットカード現金化というシステムを簡単に説明したいと思います。

 

クレジットカード現金化とは

ショッピング枠を利用限度として「商品購入から買い取り」を一括して行ってくれるので、即時現金を受け取れるというサービスです。

 

購入した商品の発送は行われないので、自宅に商品が届いて家族にばれるという心配もありません。

 

カード会社への支払いは、分割払いやリボ払いを選択できます。融資を受けるのに比べて非常に楽ですし、余裕をもってストレスなく支払いができます。

 

利用の流れ

1 申し込む

公式サイトの「お申込みフォームはこちら」というオレンジ色のボタンから申し込みます。

 

2 決済手続き

ネットショップで買い物して、クレジットカードで決済します。

 

3 振込まれる

買い物終了後、最短5分で指定口座に現金が振り込まれます。

 

4 治療費を支払う

現金が用意できたら、一刻も早く猫の治療費を支払います。

 

公式サイトでは24時間受付中です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

クレジットカード現金化優良店和光クレジット

 

 

 

 

猫の慢性腎臓病

慢性腎臓病とは、腎機能が長い間にわたって低下してしまう病気です。高齢の猫に多く見られます。

 

遺伝性

一部の純血種の猫やその血統の猫には遺伝的腎疾患が認められることもあります。

  • アビシニアン
  • ロシアンブルー
  • ペルシャ
  • チンチラ
  • シャム猫
  • ヒマラヤン

 

特徴

この病気は徐々に進んでいき、残存腎機能が25%に低下するまでは、目立った症状がないので気づきにくいのが特徴です。

 

かなり重症になってから慢性腎臓病と診断されるケースが多いのです。

 

原因

原因ははっきりしていませんが、危険因子として挙げられるのは次の項目です。

  • 高齢
  • 急性腎不全
  • 泌尿器疾患(腎盂腎炎・腎結石・尿路結石)
  • 口内炎

 

症状

ステージ2(残存腎機能25%)になると症状が出始めます。

  • 多飲多尿
  • 食欲低下
  • 体重減少
  • 嘔吐
  • 脱水
  • 貧血
  • 口内炎

 

治療法

腎臓は一度悪くなると元に戻すことができないので、現状維持のための治療になります。腎臓への負担を減らして進行を遅らせるようにします。

 

初期段階では、食事療法と水分補給が大事です。

 

コバルジンも大変よく効きます。尿毒症毒素を消化管内で吸着し、便とともに排泄されることにより、尿毒症症状の改善効果をもたらすお薬です。

 

ステージが進んで脱水が起こってくると、強制的に体に水分を補給する必要があります。

  • 経口補液(水を飲ませる)
  • 輸液療法(皮下輸液、静脈輸液)

 

腎不全の猫の食事

猫の腎機能が低下して尿毒症の症状が見られると、血液が減少して貧血状態になります。体重を減らさないように食生活を変える必要があるようです。

 

今まで市販のネコ詰やドライフードを与えていた方も、少しでも症状を軽減するために食事の見直しをしましょう。

 

食事療法

食事療法では、十分な量の食事を食べてくれることが大切です。

 

摂取カロリーが体を維持する量よりも少ないと、自分の筋肉を消耗するので痩せてしまいます。また、尿毒症の症状を悪化させてしまうことにもなるようです。

 

慢性腎臓病の場合に大切なのは、十分な水分摂取です。そして、良質な維持たんぱく質、カリウム、鉄分を補給してリンを制限する食事を与えることです。

 

療法食に変更

慢性腎臓病には、栄養バランスが優れている療法食を与えるのが最善なのですが、猫は食事を変えることが難しい動物です。

 

わたしは少量ずつ変更して、食べてくれるものを見つけるようにしていました。「気難しい猫ちゃん用」というフードもあります。

 

療法食は動物病院で購入できるので、かかりつけの先生に相談してみましょう。

 

年に一度の健康診断

わたしたちが毎年健康診断を受けて病気の早期発見に役立てるように、猫の健康診断も大切です。

 

年に一度のワクチン接種は猫の健康状態を知るために大変有効な機会なので、多頭飼いをしていてもワクチン接種は必ず受けた方がいいと思います。